逃げ場

上手く出来ない奴がもがいて、楽しく生活する為の記録

このバンドを知らなければ・・・

どーも。tinです。

毎日寒暖差が激しくて嫌になりますね。体調管理もクソもありゃしません。

 さて今日は、僕がダントツで好きなバンド、the band apart(通称バンアパ)について語らせてください!

 

このバンドを知らずに過ごしていたら、僕の生活は本当につまらなくなっていたかもしれません。大学受験の時には、何度となくバンアパに救われてきました。

 

メンバーは、荒井岳史さん(Vo, G)、川崎亘一さん(G)、木暮栄一さん(Dr)、原昌和さん(B)

の四人で活動しています。 まずはとにかく聴いてみてください!


the band apart sometimes live

 

 

バンドとかやってないんで詳しい事は言えないんですけど、イントロの部分だけでめちゃくちゃカッコいいです。真ん中の川崎さんのギターの上手さと左側の原さんのゴリゴリのベースが気持ち良すぎます。

 

バンアパは、一人一人の演奏技術が凄まじいです。対バンとか見ててもめちゃくちゃ上手いです。何より聞いてて気持ちいいです。爽やかさとカッコよさ、両方あります。

 

もう一つの特徴としては、普通のロックな感じがしないことですかね。基本的にバンアパの曲はオシャレでカッコいい曲が多いです。

 

これは、メンバーが、スラッシュメタルや、ブラックミュージック、ジャズ、クラシックなど様々なジャンルの音楽を聴きまくり、それらがベースとなって今の、”バンアパっぽい”曲が出来上がったそうです。映像などを見ていると、原さんのノリ方は黒人に近いような感じがします。

バンアパは、2011年頃までは、英詩で曲作りをしていましたが、2012年に初めての日本語詞のシングルを出してから、日本語詩で二枚、アルバムを出しています。

その中でも特に好きなものがコレ。


夜の向こうへ

 

6枚目のアルバム、「街の14景」に収録されています。

夜から明け方に聞きたくなる曲ですね。爽やかです。

 

もっともっと紹介したい曲は沢山あるんですが、止まらなくなりそうなので、今日はこの辺で。(笑)

 

気になったらyoutubeで検索してみてください!

 

ではまた!